ホームページにご訪問くださり、ありがとうございます。
アロマベーネの川瀬裕子です。

アロマベーネの”ベーネ(bene)”とは、 イタリア語で「うまくいく、調子が良い」という意味です。
アロマテラピーを通じて出会った皆様の毎日が「うまくいく、調子がよい」となりますように、との願いをこめて名づけました。

アロマテラピーはわたしたちのこころと体にやさしく寄り添います。
植物の香りの力によって皆様の毎日が笑顔でbeneとなりますよう願っています。

ご挨拶

私がアロマテラピーと出会ったのは50歳のときでした。当時は会社員として猛烈に忙しい日々を送っていました。好きで飛び込んだ自然療法の世界でもあり、会社では責任ある仕事をまかされ、充実した毎日ではありました。でも同時に人とのコミュニケーションが苦手で管理職としての役割に悩んでもいました。

休みの日も仕事を持ち帰り、徹夜で仕事をするようなことが何年も続いたころ、体は限界をむかえ、朝目が覚めると体中が痛み、起き上がれないほどに疲れ切っていました。

そんなときに出会ったのがアロマテラピーでした。ローズ精油を使ったトリートメントを受けたとき、ファーストタッチでセラピストの手が触れたとたんにそれまで張りつめていた緊張の糸が、いっきにゆるむのを感じました。

その時の温かい手の感触を今でも覚えています。ローズ精油の香りと手から伝わる優しさが、こころと身体の深いところに、しみわたっていくようでした。

精油をつかったトリートメントは、それまで受けた他の施術とは全く違いました。

その時に「生き方を変えなさい」と言われたように感じました。もっとシンプルに生きればいいのだと、ローズの精油に教えられたのです。

このときの体験をきっかけに会社を辞めて、アロマテラピーについて学び始めました。アロマテラピーを学ぶことは楽しくて、香りを扱っているときは無心になります。皮膚に直接触れるトリートメント(アロママッサージ)は、人の優しさを肌で感じます。

自分に合った香りを使い、マッサージセラピストとしてのトレーニングを受けるうちに本来の自分を取り戻し、当時が嘘のようにくよくよ悩むことがなくなりました。

ご縁があって出会う皆様とともによりよい自分に成長していき、アロマテラピーによって一人でも多くの方に笑顔になっていただくのがアロマベーネの願いです。

アロマベーネ 
川瀬裕子

プロフィール

公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト
ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・インストラクター
BMS Massage Therapy School Level 2 修了
エフェクティブタッチ®認定ボディセラピスト
エフェクティブタッチ®認定フェイシャルセラピスト
エフェクティブタッチ®認定インストラクター(ベーシック)
アロマ・フランス コレッジ クレイテラピスト

お世話になったスクール

BMS Massage Therapy School
エフェクティブタッチ
Vert mer 精油の学校
アロマ&ハーブスクール カモミール
アロマ・フランス・コレッジ
アロマテラピーの学校 自然療法学校マザーズオフィス

お電話の際は留守電にメッセージをお残しください。090-7199-2449受付時間 10:00-18:00 [ 月・水・土・日 ]

メールでのお問い合わせはこちら